B’z松本孝弘、プロギタリスト活動40周年記念ボックスセット到着♪ 2021.7.3

B'z松本孝弘プロ活動40周年記念ボックス

こんにちは~。

松本さんのプロ・ギタリスト活動40周年を記念したアーティストブックTAK MATSUMOTO PLAYER’S & GUITAR BOOK SPECIAL EDITION」が到着しました~!

B'z松本孝弘プロ40周年記念ボックス

私はMusingで買ったので、オリジナルのクリアファイルもついてました( ˆoˆ )/

B'z松本孝弘40周年記念ボックス特典

このクリアファイル、カッコイイですね~!絶対に使えないので、このまま永久保管します・笑



PLAYER’S BOOKで惹かれたところ

まだ少ししか読んでいないのですが、私は「PLAYER’S BOOK」にあるGLAYのTAKUROさんのSPECIAL MESSAGEとても惹きつけられました。

基本的には、TAKUROさんがギターや楽曲制作を通じて、松本さんから教わったことを書いておられるのですが、

その時の松本さんの考え方や姿勢は、ギタリストとか職業に関係なく、人間として尊敬できる要素がたっぷりつまっています。



松本さん、過去にはこんな話も

松本さんはよく、B’zの楽曲制作やLIVE制作について

僕は民主的だから出てきたアイデアは全部試す

と言っておられます。でも「新しいアイデアを全部試す」ことの裏側には

膨大な量のトライアンドエラーを繰り返し、可能性を模索し、努力と練習を積み重ねることが隠れているんですよね。

2008年に発売された「B’z ミラクルクロニクル」の中で、松本さんはこのようにおっしゃっています。

B'zミラクルクロニクル

LIVEの大観衆の前に出ると自分の持ってるレベルの、最高70ぐらいしか出せないと思う。

リハーサルと同じことやってるのに、力が入ってつまらないミスがでちゃう。

だからそのことを何回も何回もやり続けて、自分の中のアベレージを上げておけば、お客さんに気づかれるようなミスにはならないですから(笑)

※「B’z ミラクルクロニクル」より抜粋しました

2008年発売当時に読んだ時、「松本さんはなんて謙虚な人なんだろう」って思いましたが、

プロギタリスト活動40周年を迎えた今でもこの姿勢は変わらず、

何回も何回も練習を繰り返して、探求心を持ち続けていることが「PLAYER’S BOOK」を読んでわかりました。

松本さんほどの人でも、こんなに謙虚で、真摯で、真面目にコツコツ努力されているのに、一体全体、私は何やってんだーい!ってちょっと自分を律しました・笑

もっとやれる、自分!笑

「PLAYER’S BOOK」を読みながら、今日も自分にムチ打つ日々です(^_^;)

ブログランキング参加中♪

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA